不況日本をどん底から引き上げる。鍵を握るのはだれか?

有り余る金を湯水のように使ったバブル期。しかし、バブルがはじけた途端、一転して金の巡りは悪化の一途を辿る。一般庶民はもちろん、中小企業、大企業までもが不況のあおりを食らうことになった。日本の場合、大企業の下に中小企業が連なる「下請け構造」が一般的であるため、大手の経営難はそのまま下へ下へと連鎖する。大手企業がまず行う節約手段としては、人件費の削減が一般的であろう。人件費の高い日本から、人件費の安い海外へと生産拠点を移転するのである。この傾向は、特に製造業において顕著である。それゆえに、メディアに登場する識者たちが「日本の製造業は衰退している」と述べるのを聞くと、さもありなん、と思ってしまいがちだ。しかし、これは果たして真実なのだろうか?

“製造業に携わる中小・零細企業”と聞くと、どうにも“中小・零細”という言葉にとらわれがちである。もちろんそういうケースもあるが、そうではないケースも当然あるのだ。このホームページで紹介するのは、従業員数こそ“中小・零細”規模であるものの、手がける製品や技術は世界トップのシェアを持っている、そんな企業たちである。

大手の下請けになりがちな中小零細企業。だからこそ、競合他社との価格競争に敗れ、果ては倒産という悲劇を迎えるのだ。これから紹介するのは、自らの高い技術と優れた製品が持つ強みを最大限に活かすことで、大手と対等な立場で渡り合うようになった企業たちばかりだ。彼らの多くは、日本はもちろん、世界の市場においても8割前後かそれ以上のシェアを獲得している。この真実を目の当たりにしてもなお、「日本の製造業は衰退している」と言えるだろうか?不況にある日本を救うのは、ほかでもない、中小企業なのである。